端午の節句

お問い合わせはこちら

端午の節句

端午の節句

2021/04/30

端午の節句

 

先日に引き続き、端午の節句のお話です。「こどもの日」は単なる祝日ですが「端午の節句」とは「ももの節句」と同じ「節目の日」をさします。こどもの日と端午の節句は日にちが同じというだけで全くの別物なんですね。だからももの節句は祝日ではないんですよ。

端午の節句は男の子が健康に育つよう願いを込めたお祝いの日です。さくら餅に対し、柏餅を食べることでも知られていますね。柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」という縁起物として好んで食べられるようになったと言われています。また、ももの節句に対し、菖蒲の節句とも呼ばれています。菖蒲には精油成分が含まれているので暑い夏を健康に過ごせるようお風呂に浮かべて菖蒲湯として入ることが有名ですね。今はあまり聞きませんが屋根に吊して魔除けにもするそうです。また、菖蒲の葉が刀の形に似ていることから「菖蒲切り」というチャンバラも江戸時代に流行したという話も残っています。菖蒲=尚武ともかけていて特に武家の間で盛んに祝われていたそうです。だから鎧兜も飾るんですね。

写真の甲冑は社長の長男のものです。現代では兜のみを飾るイメージも強いですが全身の甲冑・・・迫力がありますね☆そんな長男の家でも今年は初節句。おめでたい節句になりそうです☆

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。