トンネルの作り方

お問い合わせはこちら

トンネルの作り方

トンネルの作り方

2021/05/13

トンネルの作り方

弊社設立当時、相模原市城山に新しく作るトンネルの照明器具取り付け工事をしました。バケットが大きい高所作業車を借りての工事です。

高所作業車はバケットが10mほど伸びるので毎回下りずに作業ができるよう、パイプ・発電機・切断工具を作業車に積み込み上がりました。上にあがったバケットの中でパイプを曲げたり切ったり・・・。加工後のパイプを壁に取り付け、その中に電線を通します。取り付けた照明器具が1枚目の写真にある四角い照明器具です。パイプを留めたり器具をつけるために工具でアンカーを打つ工事がありますが、穴を穿孔するキリがすぐに焼けてしまうほどトンネルのコンクリートは強度が強く安全につくられています。

ちなみにトンネル内の照明は昼間は基本的に全灯になっていて夜間は間引いて点灯していることはご存じでしょうか?昼間は外が明るいのでトンネル内が暗く、見づらくならないように全灯。夜間はその逆で全灯にしてしまうとトンネル内が眩しくなりすぎるので間引いて明かりをつけているそうですよ。気になった方はトンネルを走る際、見てみてはいかがでしょうか☆

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。