節分が2月2日の理由

お問い合わせはこちら

節分が2月2日の理由

節分が2月2日の理由

2021/02/01

節分が2月2日の理由

明日が節分です。2月3日じゃない!?なんで?って思いましたよね、今年の節分の日にち。

不思議に思ったので調べてみました。

まず節分とは春分の日の前日のことをいいます。

なので、節分の日にちがずれたのは春分の日がずれたからということになります。

春分の日がずれるのは地球の公転周期が365.2422日と、365日から微妙にずれていることが原因です。

調整するためにずれてしまうんですね。

節分が2月3日じゃなくなるのは1984年以来37年ぶり。

節分が2月2日になるのはなんと1897年以来124年ぶりだそう。

 

ちなみに豆まき、鰯の頭と柊の枝、恵方巻にもちゃんとした意味があります。諸説ありますが・・・

豆まきは穀物には生命力と厄除けの力があると信仰されており語呂合せで「魔(鬼)目」を魔(鬼)の目に投げつけ「魔(鬼)を滅する」。

焼いた鰯の頭は鬼が嫌う臭いで、その頭を柊にさして戸口に飾ると鬼の目に刺さって家に入れなくなるとか。

鬼って目が弱点なのか・・・?

恵方巻は縁を切らないために切り分けず無言のまま恵方を向いて願い事をしながら食べます。

恵方とはその年の福をつかさどる歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる方角で今年は南南東だそうです。

調べてみると色々なことが分かったのですが個人的な疑問が1つ残ってしまいました。

「私の誕生日は節分なんだー」とよく言っていた2月3日生まれの友人。今年は何て言っているんだろう・・・。

ちなみに今後は定期的に2月3日じゃない節分が巡ってくるらしいですよ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。